はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

大型ハリケーン

どうも、はーつです。


大型ハリケーン到来しました。

到来してる中、オレはファっさんと・・・


さて内容へ。


昼間、馬面とオレがテレビを見てた。
ニュースで大型ハリケーンが到来するとのこと。
明日は誕生日なのに・・・と思いつつも、まだ渡辺では16日と考え直し
落ち着かせる。


は「ハリケーンね」
馬「台風とは違うのか」
は「竜巻じゃないの?」
馬「別にどっちでもいいか」
は「だな」


夜になってオレはファっさんの部屋に侵入。
ファっさんは起きて本を読んでいた。

ファ「・・・どうしたの?」(本を閉じる)
は「いや・・」
ファ「こっちきて?」
は「よしゃー!」

さて、あんなことこんなことしているうちに、
激しい風らしき音が外から聞こえてきた。

あまりにもガタガタとうるさいので窓をのぞいてみると・・・

は「ん?」
ファ「ハリケーン?」
は「いや、何もないよ」
ファ「なんだろうね」
は「えっと、じゃ、続きを・・・」
ファ「・・・」

続ける。
しかしまた風らしき音が。
さっき以上にガタガタとうるさい。

無視して続ける。

めでたくフィニッシュを飾ったあたりで
窓が割れるんじゃないかってくらいの風らしき音が聞こえる。

は「まったく」(窓の外のぞく)
松岡「ばぁ」(窓枠の下から顔をのぞかせる)
は「んん!?」(カーテンを閉じる)

ピンポーン

とインターホンが鳴り、リビングにいたらしいどくろが玄関に向かってくれた。

少しすると、どくろがオレの部屋をノックしていたが出てこなかったので、
ファっさんとオレがいるファっさんの部屋をノックしてきた。

どくろ「入っていいですか?」
ファ「どうぞ」
どくろ「あ、はーつ、いたんだ」
は「おう」
ファ「誰だった?」
どくろ「変な人です」
は「どれどれ」

オレは玄関に向かう。

は「どうぞー」

ドアを開けて男がはいってきた。

松岡「どうも、ハリケーンです」
は「・・・」
松岡「ハリケーンですって」
は「・・・」

ここでファっさんとどくろも来る。

松岡「だからハリケーンですよ!レアものですよ!」
ファ「どちらさまで・・・?」
松岡「自己紹介が遅れましたね、ハリケーン松岡と申します。
   いやぁ、さっきはお二人でお熱い・・・」
は「だまらっしゃい」(殴る)
松岡「ふん」(オレの手をつかみ、止める)
ファ「・・・」(蹴る)
松岡「オウフ」(クリティカル)
どくろ「二人でって・・・」
は「松岡さん、何しに?」
松岡「・・・ニュース見なかったのかい?」
は「見ましたね」
松岡「オレはユフィに会いに来たのだ!」
は「夜遅いですし帰ってください」

ドアを無理やり閉める。
一度帰ってもらう・・・はずだったのだが、ずっとリビングの窓からのぞきに
来ていた。

きもちわるいあの先輩のようになってもらっても困るので
なぜかいつの間にかテレビの上にあったふじおかを
「ユフィの私物だ」と言って渡し、一応帰すことに成功。


次の日、ハリケーン松岡が来たのは言うまでもない。
ユフィは部屋にこもるように言っておいたので大丈夫・・・

と思っていたのだが、ユフィは外に出ていた。


ユフィ「いやー!」
松岡「これだけでも受け取ってくれ!」(小包を渡そうとしてる)


は「あーあ」
ファ「すごいね」






まさか憩いの時間を邪魔されるとはね。


みなさんお察しの通り、ふじおかは見事に朝、キッチンに現れました。




おしまい
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/129-246c0438
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。