はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

ユフィちゃんと買い物


さて、今日も成功。
昨日よりも長く滞在できた(体感的に)と思う。

ファっさんとの楽しみもしっかりこなしてきたわけですが、
昨日の離脱で約束したユフィとの買い物の時のことをかこうと思います。


特に眠い気もしなかったので夜を明かす。
朝になってから、
とりあえずカーテンを開け、部屋を出てからキッチンへ向かう。
麦茶を一杯飲んでからソファに座り、テレビをみはじめた。

ただ、行動し始めが早い時間だったのか誰も起きてはいなかった。

テレビを見始めたものの、体操や朝のニュースくらいしかやってなかったために
もう一度キッチンへ向かって食パンを食べる。


食べ終わった頃にユフィが下宿舎から家に入ってくる。
まだオレしか起きていなかったので「静かに」と身振りで伝える。
ユフィも理解してくれた。


は「朝ごはん食べた?」
ユフィ「まだ!」(大声)
は「静かにって」
ユフィ「ごめん!」(大声)
は「静かに!」(指を口の前にあてて)
ユフィ「朝ごはん作って!」
は「これでも食べろ」(名倉パワーでおにぎりを具現化)
ユフィ「うん」

ユフィがおにぎりを食べ終わったあたりで馬面が起きてくる。
降りてくるなり、にやにやしていた。

馬「はーつ、お前なぁ」(にやにや)
は「なんだよ」
ユフィ「ウマ!これからはーつと買い物行くんだー」
馬「おお、おお。よかたなぁ」(にやにや)
は「なんだよ」
馬「ま、邪魔はしねぇよ。ティファは起こさない方がいいかな」(にやにや)

勘違いも甚だしいのです。

馬面も朝ごはんを食べているところで家をでて、下宿舎のユフィの部屋に行く。
やはりまた散らかっていた。

ユフィ「汚くてごめんよ」
は「いや、まぁ」
ユフィ「何時に行こっか!」
は「ユフィに任せるけど」
ユフィ「じゃあね・・・10時にはいきたいかな」
は「今何時かはわからないけどそれくらいな!」
ユフィ「うん!10時になったら言うね・・・アタシの部屋にいてもいいよ」
は「はいよ」

ユフィの部屋でごろごろした後、10時になったらしくユフィに呼ばれる。
意外と近い所にあるらしく、歩いて行く。

は「近いの?」
ユフィ「アタシには近く感じるけどねー!ヒヨワはーつにはね!」
は「ヒヨワじゃない」
ユフィ「ははは」

ちょっとした話をしながら歩いているとすぐに服屋につく。
色々なブランド名が書かれている店も隣にあったのだが、何故か隣の
古着屋風の店に。

ユフィ「ちょっと前に何着か可愛い服見つけちゃってねー」
は「オレは買わないぞー」
ユフィ「男なんだからさー!ユフィちゃんに奮発してみせてよー」
は「具現化させてプレゼントならできるけどな」
ユフィ「・・・」(少しうつむいてから服をあさるのを再開)

男物の服もいろいろ見ているとユフィに呼ばれる。

ユフィ「ねぇ!これ似合うかな?」

スカートなんかをオレに見せてくる。

は「うーん」
ユフィ「だめかな・・・?これは!」

下着もどこかから選んできていたようだ。

は「おま!」
ユフィ「んー?刺激が強すぎたかな?」
は「ちょっとは考えろって!」
ユフィ「子供だなー」
は「ユフィに言われたくないです」

次にとても短い短パンのような服を持ってきた。
Tシャツもオレンジで意外にかわいらしい。

ユフィ「これはどう?アタシには派手かな?」
は「それくらいでユフィにはやっと似合うくらいだぞ!」
ユフィ「えへへ・・・これほしいなぁ・・・」
は「お金は出さない!」
ユフィ「アタシのお小遣いじゃ、Tシャツしか買えないんだよねー?」(見てくる)
は「・・・わかったよ、買えばいいんだろー」
ユフィ「ありがと!ユフィちゃんの可愛さ顕在!」
は「可愛いから買うんじゃんねぇよ」
ユフィ「またまたー」

否定したけど、「どう?」と聞かれた時点で少し可愛いとは思った。

服を買って帰路につく。
嬉しそうに袋の中を覗いてる仕草になんだかまたも
「ほんの」少し可愛さを感じた。


下宿舎前につく。

ユフィ「今日はありがとね」
は「これで許してくれたかー」
ユフィ「まだまだ!」
は「えぇ!?」
ユフィ「うそだよ」
は「じゃないと困る」
ユフィ「・・・怒ってるとか、色々言ったけどね?」
は「なんだよ」
ユフィ「別にさ、その、嫌いになったとかじゃないし、ね?」
は「なんだよ、気持ち悪いなー」
ユフィ「・・・はーつのこと嫌いじゃなくて」
は「なんだよー」
ユフィ「は、はははー!アタシらしくないね!」
は「とりあえず!オレは役目を果たしたから部屋に戻る!じゃ!」

何か言いたげだったけど、全力疾走で逃げる。
こういうシチュエーションに慣れてない。
無理だ。


買い物中の写真をなぜか馬面とヴァンが持っていて、
ファっさんにいろいろ言われたのは苦い思い出。

おしまい

スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 7 comments  0 trackback

-7 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
はーつは照れ屋さんだな、HAHAHA!

しかし馬面…予想通りの行動だぜ…
2008.07.23 21:35 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>しかし馬面…予想通りの行動だぜ…
オレには予想外でしかなかった^^
2008.07.24 16:47 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
>嬉しそうに袋の中を覗いてる仕草
荷物持ってやらないのかw
2008.07.25 18:38 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>荷物持ってやらないのかw
忘れてた。
男としてダメだなあ

2008.07.26 00:49 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
ブログ更新してくれて
嬉しいよ
2008.07.26 16:19 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
一瞬ユフィがパートナーかと思った
2008.07.28 00:12 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>ブログ更新してくれて
 嬉しいよ
ありがたい限りです。

>一瞬ユフィがパートナーかと思った
今回はユフィちゃんの出来事が大きかったものですから。
2008.07.28 00:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/141-70367174
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。