はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

落とし穴で困惑


テレビ見てたらよく芸人さんたちが落とし穴にはまったりはめたり。

もとは違ったとはいえ、結果的に落とし穴は楽しかったり楽しくなかったり。


昼間、リビングでファっさんの胸の柔らかさを感じとってた。つまり揉んでた。
でも揉んでただけなので脱いでるのは上だけ。

は「うーん」
ファ「・・・」
は「柔らかい」
ファ「あ、ありがと」
は「はらたいらさんに3000点!」(徐々に激しく)
ファ「んん・・・んふぅ・・あっ」
は「んー♪」

馬面が二階から下りてくる。

馬「お?」
は「んー♪」(揉んでる)
ファ「はーつ!ちょっと・・・ウマ・・きて・・ああっ!」(つまんでみた)
馬「・・・おまえらなぁ」
は「なふは!(なんだ!)」(吸う)
ファ「っ!!・・・うむっ!」
馬「ほどほどにしとけよ。んじゃ、俺はカワイコちゃん探しに出かけてくら」
は「ひっへらっはーい」(吸う)
ファ「あぅ!」

馬面が家を出ていく。
すぐに外で馬面の叫び声が聞こえる。

は「なんだ!?」
ファ「ふぅ・・・ふぅ・・・」
は「行ってみよ!」
ファ「う・・・うん、私は、ちょっと水飲んでからに・・・」(冷蔵庫へと歩く)
は「んじゃ先行ってる」

玄関のドアを開けてすぐの所に大きな落とし穴ができていた。
中には馬面。
足を痛めたらしいのでパワーで穴から脱出させる。

は「何やってんだよ」
馬「こっちがききてぇよ」

パワーで穴を埋め、こういう時はユフィが何か知っていると思い、
下宿舎へと向かう。
しかし、その落とし穴の周りにも落とし穴があり、オレも落ちる。

は「うわ!」(落ちる)
馬「おお!」(落ちる)

落ちてみると予想外に見ていた時よりも深い。
またもパワーで脱出。
歩いたら落ちかねないので何センチか空中に足を浮かせて歩く。

馬「最初からこれを使えよ」
は「思いつかなかったんだって」
馬「たく」

後ろから声が聞こえた。

ファ「きゃっ!」

ファっさんも落ちたらしいけど、さすが拳法を習っていただけあってすぐに穴から出てきた。

ファ「はーつ!待ってて!」
は「あ、いっぱいあるからね!」
馬「気をつけろー」
ファ「きゃっ!」(また落ちる)
は「だから危ないって言ったのに」

今度は少し手を痛めたらしいけどまた出て来る。
ファっさんも数センチ浮かして歩行。

下宿舎のユフィ宅前につく。
インターホンを押す。
眠そうに枕抱えたパジャマ姿のユフィが出てくる。

は「眠いのか」
ユフィ「うん、昨日寝てなくて」
は「ほぉ」
馬「なぜ寝てない?」
ユフィ「え?それは秘密」
は「なんで」
ユフィ「秘密は秘密!ほら!あめちゃんあげるから帰った帰った!」

玄関のわきに置いてあった明らかに賞味期限切れのべたべたした飴をくれた。
そして戸を閉めていった。

ファ「ユフィ、犯人じゃなさそうだよ」
は「え?」
ファ「部屋の奥の机の電気ついたままで何か書いてたみたいだった」
は「すげぇ」
ファ「ふふ」

家に戻ろうとしたところでどくろに会う。

どくろ「あ、はーつ」
は「ん?」
どくろ「気をつけてくださいね」
は「え?」
どくろ「昨日の夜、パンネロさんがここら辺一帯を掘りおこしてました」
馬「パンネロぉ?」

ヴァン宅へと向かう。
同じくインターホンを押す。

ヴァン「んー」
は「お前なぁ」
ヴァン「んだよ」
ファ「はーつ、まだヴァンが何かしたってわけじゃ・・・」
は「パンネロだしなあ」
ヴァン「ん?パンネロ?あの穴のことか?」
馬「そうだ」
ヴァン「まぁ入れよ」

部屋の中に案内される。
ぐっちゃぐっちゃな部屋になってる。

は「き、きたない・・・」
ヴァン「はーつよりは汚いかもな」
ファ「はーつの部屋の方が何倍もいいよ・・・」
馬「で、なぜ呼んだ」

ヴァンが冷蔵庫から冷えた麦茶を出してくれる。

は「なんだなんだ気持ち悪い」

ヴァンによると、あの落とし穴はパンネロがヴァンの部屋のごみを埋めるために掘ったらしい。
オレの敷地だから不法投棄じゃねーかと突っ込んでおいた。
んで、予定では今朝、埋めるはずだったんだけど、
一晩中穴を掘ってパンネロが風邪をひいてしまったらしい。
そのままだと外観が悪いので、早朝に嫌がるユフィを巻き込んでヴァンが板をのせ、
砂をかけておいたらしい。

は「つまり、おとしあなになっちゃったと」
ヴァン「まぁ、しょうがないよな」
馬「どこがだ」
ヴァン「いろいろと」
は「オレに言ってくれたらパワー使ったのに」
ヴァン「面倒くさがるだろう」
ファ「確かに・・・」
は「そ、そんなことないぞ!」

外に飛び出す。
ファっさんも出てくる。
馬面とヴァンは遅れて出てくる。

ヴァン「何急いで出てんだよ」
は「なんでもねーよ!」
ファ「意地はっちゃって」
は「うるせー!」

ヴァンたちとの間合いを取る。
気付かれないようにパワーで三つ落とし穴をセット。
オレ以外の数センチ浮きも解除。

馬「何、逃げてんだ!」(こっちによってくる)

落ちる。
助けない。

ヴァン「ウマ・・・馬鹿だな」(よってくる)

落ちる。
助けない助けない。

ファ「はーつ!」(よってこようとする)
は「ファっさんストップ!」
ファ「え?」(止まる)
ユフィ「はーつ!これ!」(下宿舎からかけてくる。何か持ってる)

ユフィ、落ちる。
唖然。
さっき書いてた途中だと思われる紙を持っている。でもくしゃくしゃ。
いきなりすぎて気を失ったようだ。

ファ「・・・はーつ!」
は「ご、ごめんなさいー!」


おしまい
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

X says...""
関係のないのに、ユフィがちょっと可哀相www
2008.09.12 18:56 | URL | #bBmFigmc [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
あの紙にはなんて書いてあったんだ?まさか・・!?ラブレt(ry
2008.09.12 19:18 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
はーつ昼間っから何してんだよwwwwwwww
2008.09.13 06:12 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>関係のないのに、ユフィがちょっと可哀相www
普段の行いがねえ

>あの紙にはなんて書いてあったんだ?まさか・・!?ラブレt(ry
わるいな!
読んでないんだ^q^

>はーつ昼間っから何してんだよwwwwwwww
ファっさんがタンクトップだったもんでつい
2008.09.14 21:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/158-01d22c1c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。