はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

植物園にて


渡辺側で行ったことはないのだが行ってみた。
なかなか不思議な植物だらけで楽しかった。


どくろがたまに行くという植物園に連れて行ってもらった。
一番わくわくしてたのはどくろ。
服装もいつもと少し変わって黄緑でまとめた明るい感じで来ていた。

どくろ「た・・・たのしみだなー!」
ユフィ「食べられるものないのかな!」
どくろ「前に行った時はきいちごを食べさせてくれました」
ユフィ「き、きいちご!」

植物園につく。
張り紙がしてあった。
「レディースディです。男性は今日、入場できません」

は「なにー!」
馬「差別だ!」
ヴァン「ひどい!」
どくろ「こんな日あったんですね!確かに園長さんは女性だけど」
は「あ、でもオレははーちゃんになれば」
ファ「最近なってなかったもんね」
は「うん」

というわけで女体化。
久しぶりのはーちゃん。

馬「おい、はーつ」
ヴァン「ずるいだろー」

二人も女体化させる。
馬子とヴァンネロという名前にする。
ヴァンは自己命名。

ヴァン「よし・・・」
馬「よし・・・」
は「入れる」

入場する。
馬面はだいぶかわっているものの、
ヴァンは外見がさほど変わってはいない(体の丸みが増し、胸が付いただけのようなもの)
ので、ガードマンの視線が白い。

どくろ「あっちから行きましょう」
ユフィ「きいちごー!」
ファ「あ、まって!」
は「元気だな」
馬「だな」

ヴァン、女ガードマンに連れて行かれ、身体検査らしい。

ファ「はーつ!これ見て!」
は「おおお・・・」

なんちゃらハエトリだかっていう植物を指さしていた。
小さな虫が葉に止まるとパクンと閉じて食べてしまう。

どくろ「はーつ、はーつ!これもすごいでしょ」
は「ん?」

オジギソウという植物。
触ってやると、ちょこんとお辞儀をするように丸まる。

ユフィは馬面を連れて走っていった。

順路に沿って歩いていく。
ユフィ達に追いついた。
きいちご試食コーナーでたらふく食べていた。

ユフィ「みんな遅いー!」
馬「恥ずかしいからやめろ!」
ファ「あらら」
どくろ「すごい・・」
ユフィ「んっま!んっま!」

みんなもひとつづつ試食した後、また順路に沿って歩くと、
今度は今日のイベント、植物ショーの入り口につく。

どくろ「今日は大きな植物が登場ってことできたかったんです」
は「なるほど」
馬「植物が大きいのもな」
ファ「木も植物なのに?」
馬「変な植物かもしれないだろ」

入口を抜ける。
すでにお客さんが数人座っている。
席に座り、始まるのを待っていると、ヴァンが帰ってきた。

ヴァン「胸見せたら信じてくれた」
は「恥ずかしいなぁ」
ヴァン「うるさいうるさい」

暗くなり、大きなステージにスポットライトが集まる。
司会は男だった。なんでだよ。

視界「レディース!アーンド!ジェントルメーン!」

どくろ「あれ?この間は女の人だったのに」
は「かわったんじゃないの」
どくろ「おかしいなぁ」

ステージの床が開いて、中から大柄の男3人縦に並べてぐらいの巨大植物が出てきた。
つた(触手?)をうねうねと動かしていた。

司会「今回のレディースデイは、クイズに正解したかたにこの植物をプレゼント!」
どくろ「・・・飾っておけない」
は「そりゃあな」
司会「それでは問題!」

しかし客はぞろぞろ出ていく。
こんな大きなものもらってもしょうがいないのだからなんともいえない。
オレ達は残っていた。

司会「・・・1足す1は?」
ユフィ「11っ!!!!!!」
は「何歳だっ!」(はたく)
ファ「はーつ、叩かなくても・・・」
どくろ「2です」
司会「せいかーい!お持ち帰りください!」

外で受け渡しらしいので外に出る。
男に戻る。

本当に大きいので名倉パワーで浮かせて移動させることに。
家の近辺は怖いので広場を目指す。
広場の真ん中に埋めてあげた。
水も上げた。
とても嬉しそうにうねうねしていた。

どくろ「はーつ、ちょっと」
は「ん?」
ファ「私も行っていいかな」
どくろ「まっててくれると嬉しいです」
ファ「・・・じゃ、じゃあ待ってようかな」

どくろに呼ばれて広場の端、みんなから離れたところまで引っ張られていく。

は「なに?」
どくろ「あの、その、ですね」
は「ん?」
どくろ「今日の私可愛いですか!」
は「ええ!?」
どくろ「え、いや!なんか、そういう意味じゃなくて!」
どくろ「服・・・」
は「え、うん」
どくろ「・・・うん」
は「・・・戻る?」
どくろ「・・・はい」

すごくびっくり。
戻ってからは家につくまでファっさんがずーっと腕をくませてきました。

ユフィ、服にべたべたときいちごの汁をつけていた。


おしまい
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
なんという植物…これは後の触手プレイフラグが立ったな
2008.09.24 22:30 | URL | #- [edit]
X says...""
ファっさん嫉妬したんだねw
2008.09.25 00:51 | URL | #bBmFigmc [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
アレ?、ユフィがあんまりからんできてない?なんか、残念だぁ
2008.09.25 01:34 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>なんという植物…これは後の触手プレイフラグが立ったな
そのアイデア頂きです

>ファっさん嫉妬したんだねw
みたいですね^q^

>アレ?、ユフィがあんまりからんできてない?なんか、残念だぁ
ユフィはおとなしい時もあるからなぁ
2008.09.26 19:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/163-1e496453
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。