はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

どくろといっしょ


今回の離脱では結構ファっさんが出かけてたので他の人と遊んでるのが多かった。
とりあえずどくろと遊んだ日の内容です。

かわいいかわいい^q^

ファっさんはクラウドに用があるとかで出かけて行ったから
お昼頃、久しぶりにどくろの部屋に遊びに行ってた。

は「おかまいなくー」
どくろ「あ、お茶くらい」(持ってくる)
は「うん、ありがとう」
どくろ「うん、どういたしまして」
は「どくろって話し方いまいち決まってないよね」
どくろ「え?」
は「うん、いや、ごめん」
どくろ「ごめん」

しばし沈黙。

どくろ「たこ焼きでも作りましょうか」
は「あ、おれも作るよ」
どくろ「あ、じゃあ小麦粉とってほしいな」
は「はいよ」
どくろ「えっと、ソースとか用意しておいてね」
は「はいよ」

手際よく材料を混ぜていくどくろ。
バニラエッセンスみたいの混ぜていたような気がした。

は「今なんか見たことないもの入れた気がするんだけど」
どくろ「え、あの、アレです」
は「アレってなんだアレって」(軽く笑う)
どくろ「その、隠し味ってやつをつけるものだよ、うん、隠し味」
は「はいよ」

タコ焼き機を押入れから出してきてコンセントを入れる。
少し温めてから油をひいて「もと」を流し込む。

どくろ「あ、ひっくり返すのもってきますね」
は「うん」

どくろ「はいっ」(持ってきた)
は「任せろっ!」

半分は焼けていたので、また「もと」を流し込んでくるっとまわす。

どくろ「うまいなぁ」
は「まあね」
どくろ「すごい」
は「褒めなくても」
どくろ「・・・うん」

くるくる回しているうちに8個くらい焼けた。
4個づつ分ける。

どくろ「食べよっか」
は「うん」

青のりやらなんやらをかけて食べる。
うまい。
すごくうまい。

は「うまい」
どくろ「隠し味効果!」
は「ははは」
どくろ「あのね、ちょっと、話があるの」
は「何かなー」
どくろ「・・えっとね」

またも沈黙。
タコ焼きに目がないオレは沈黙している間もたこ焼きを食べた。
ついでにどくろのもひとつもらった。

どくろ「えっと・・・その・・・」
は「んー?」
どくろ「はーつと一緒のときだったらあんまり敬語じゃなくなるんだよ」
は「へぇー」(へぇボタンを押すような感じで)
どくろ「あの、だからね・・・」
は「たこ焼き第二段作ろうか」
どくろ「・・・うん」

もとを流し込む。タコを入れる。くるくるする。
半分もとを入れてまたくるくる。

は「できた!」
どくろ「手際いいね」
は「まぁね」
どくろ「・・・格好いい」
は「・・・お、おおおおう」(なぜか噛んだ)

なんだかとてつもない修羅場的雰囲気を醸し出していて
これなんてエロゲ?状態だったけど、深く聞きすぎてどくろを傷つけないようにしてみた。


は「散歩いかないかい?」
どくろ「え・・・あ、うん」
は「広場の方でも行こうか」
どくろ「そうだね」

どくろ宅を出て、広場の方へ歩いていく。
たこ焼きを部屋に置いてきたのが悔やまれる。

広場につく。
することないオワタ
ひとまず、ふわふわベンチに座る。制作時よりもフワフワ感半減。

どくろ「ふわふわだね」
は「まぁね」
どくろ「うん」
は「うん」
どくろ「ティファのこと好きなのかな、はーつは」
は「え、あ、まぁ」
どくろ「そっか、そうだよね」(うつむく)

なんて声掛けたらいいのかも素でわからなかったのでそのままにしておく。
オレもうつむいておく。

またまた沈黙。
本当に置いてきたタコ焼きが悔やまれてしょうがなかった、ずっと考えてた。

どくろ「私、はーつのこと好きだと思う」
は「お、ああお、ありがとう」

不意打ち食らった。

どくろ「でも同い年じゃダメなのかな」
は「え、いや」
どくろ「ごめんね、はーつにも考えはあるもんね!」

そういって走って行った。
オレふわふわベンチに一人ぼっち。
かわいいし好きだけど、実際言われるとどうなんだろうって考えちゃう!不思議!

買い物袋ぶら下げたファっさんが歩いているのが見えた。
手を振ってみると片方の買い物袋を置いてまで降り返してくれた。
走ってファっさんのもとに向かう。
荷物を持ってあげて家に帰った。


馬「はーつ、ちょっとこい」
は「んだよ」

馬面の部屋に呼ばれる。

馬「どくろの話は聞いたか」
は「まぁ」
馬「返事は」
は「してない」
馬「そうか、嫌いか?」
は「いや・・・」
馬「お前はつくづく優柔不断だな、しかもモテる。
    名倉だからってモテモテ設定にしてるんじゃねぇぞ」
は「名倉でくらいいいだろ」
馬「・・・そこいらの奴らと違ってお前が考え出したんだからどくろにも心がある」
は「まぁ」
馬「だから傷ついたりもする」
は「うん」
馬「・・・もうわかるだろ、考えてやれよ、あいつも勇気出した結果だぞ」
は「・・うるせ」
馬「子供じゃないんだろ」
は「うーん」


なぜか馬面にいろいろ言われる。
名倉なのに大変ね。
結局返事してない^q^

おしまい。
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
馬がかっこいい件
2008.10.22 19:27 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
馬面がシリアスなときの便器おっさんみたいにカッコいいなwww惚れた
2008.10.22 21:48 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
お前のそういう曖昧な態度がどくろを傷つけるんだ…ッ
2008.10.22 23:02 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>馬がかっこいい件
本人曰く、わかる奴にしか分からない大人な雰囲気。らしいです

>馬面がシリアスなときの便器おっさんみたいにカッコいいなwww惚れた
馬面人気ね^q^

>お前のそういう曖昧な態度がどくろを傷つけるんだ…ッ
なんていうか、どんな感じにしたらいいか分からなくてね
2008.10.24 17:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/169-90fac70d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。