はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

【第一】ユフィのコレクション手裏剣


名倉に行ったとき、ユフィの部屋に侵入して手裏剣コレクションをいじったりしてる。
今回は初めてそれがばれた。


ユフィの部屋にて。

は「ついうっかり」
ユフィ「ついうっかりー?」
は「うん」
ユフィ「ほーう・・・ユフィちゃんのコレクションをついうっかりねぇ」
は「しょ、しょうがないだろ!」
ユフィ「あらあら?怒ってるのかな?」
は「・・・ユフィ、なんかいつもと違う」
ユフィ「怒ってるの!ふんだ!アタシがこれにどれだけ・・・」
は「悪い」」
ユフィ「今日一日アタシのいうことに従ってもらおう!」
は「は、はい」

一旦リビングへ移動。

ファ「あれ?はーつ、落ち込んでどうしたの?」
ユフィ「ティファ、今日一日はーつはアタシのね」
ファ「え?」
は「ごめんなさい」

パワーで消しても消してもクナイ出してくるのはひどいよ。

ユフィ「今日のアタシは一味違うよ」
は「はい」

玄関に向かう。
寝てたコアラにユフィがつまづいて転んだ。

は「ほぉ、いつもと違うのか」
ユフィ「うるさーい!」

外に出る。
おもちゃ屋へ向かう。

ユフィ「はーつ!手裏剣コレクションパート7のシークレットを買って!」
は「は?」

5×5×5くらいの大きさの正方形の箱がレジの横に積まれていた。
いつもここでコレクションを買っているけど、店員さんにいろいろ言われてゆっくり選べないらしい。

ユフィ「はーつ、透視でも何でもしてぱぱっと当てちゃってよ!」
は「あ、ああ・・・特徴は?」
ユフィ「えっとね、ちゃんと銀でできてて真中に穴が開いてないの」
は「了解」

透視。
あったけど山の中、しかも中心くらいにあった。
パワーで手前までその箱をワープさせる。

は「店員さん、コレください」
店員「あ、はい、1万円になります」
は「はぁ!?」
ユフィ「お小遣いとお年玉で買おうと思ってたんだよねー」
は「いつも買ってるんじゃ・・・」
ユフィ「それはパート6!7はスペシャルなんだよねー」
は「洒落にならんな・・」

ポケットに手を突っ込んで、お金を出現させる。

は「はい」
店員「丁度ですね」
は「どうもー」

ユフィは先に外に出ていた。

は「ユフィー」
ユフィ「お、ごくろうごくろうー!」
は「あけないの?」
ユフィ「家帰ってからねー」
は「そうか」
ユフィ「おなか減ったー」
は「帰るか」

裾を思いっきり引っ張ってきた。

ユフィ「クレープ」
は「プリンセス天功」
ユフィ「う・・うずらのたまご」
は「そうか、うずらの卵がたべたいのか!ほい!」(出す)
ユフィ「ちっがーう!」

思いきり叩かれる。

は「いってー」
ユフィ「クレープ!」

いつものクレープ屋に向かう。
前にもこんなことがあったような気がしないでもない。
みかんチョコというトッピングを頼んでいた。
お金を払ったあと、公園に行く。

は「美味いか」
ユフィ「うん」
は「ちょっとだけ!」(口を開ける)
ユフィ「虫歯はないよ」
は「ちげぇ」
ユフィ「はい」(くれた)
は「ん」

意外とおいしい。
ユフィが食べ終わるのを見てる。
おいしそうに食べるもんだ。

ユフィ「んーっとね・・・他にはなにか・・・」
は「もういいだろう」
ユフィ「あのさー」
は「ん」
ユフィ「うん・・・あのさー」
は「だからなんだよ」
ユフィ「な、なんでもないよ・・」
は「んー?」

下宿舎のユフィの部屋に向かう。

は「おじゃましまーす」
ユフィ「はいよー」

コレクションの棚の前に座らせられる。

ユフィ「あけるよ・・・」
は「あ、うん」

銀色に光ってた。

は「その形はじめてみた」
ユフィ「まぁ・・・うわぁ・・・綺麗・・・・」
は「またオレがコレクションいじるかもよ」
ユフィ「別にいいよ」
は「えぇ!?」
ユフィ「うん」
は「え?だって今日は!?」
ユフィ「遊びたかっただけー」
は「怒ってたのは!?」
ユフィ「怒ったっけ?」
は「・・・」
ユフィ「うそうそー!いじったらまた1日付き合ってもらうよ!」
は「面倒くさいな・・・」

そのあと、ユフィ先生による手裏剣講座を聞き流し緑茶をいただく。

ユフィ「あのさ」
は「ん」
ユフィ「アタシって馬鹿?」
は「ん・・うん」
ユフィ「馬鹿って嫌い?」
は「嫌いじゃない」
ユフィ「好き?」
は「嫌いではない」
ユフィ「なんだそれー」
は「うん」
ユフィ「最後のお願い良い?」
は「ん」
ユフィ「今度遊びにいこ?」
は「行ったじゃん」
ユフィ「二人で」
は「行ったじゃん」
ユフィ「気が向いたら」
は「わかった」
ユフィ「みんなには秘密ね」
は「ん?ああ」
ユフィ「よしゃー!」



一応、本当に誰にも言ってない。
”気がむいたら”ね。うんうん^q^
おしまい。
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
思い切って暴露しようぜwwwww
2008.12.17 19:45 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
一言くらいユフィにも可愛いって言ってやれよ!!
2008.12.17 21:56 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
はーつの名倉は恋愛フラグだらけだぜ…
2008.12.19 05:50 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>思い切って暴露しようぜwwwww
暴露しようかと思ったけど、約束しちゃったしなあとか思ってね。

>一言くらいユフィにも可愛いって言ってやれよ!!
て、照れるんだよ///

>はーつの名倉は恋愛フラグだらけだぜ…
でもそれだけっていう。
踏み込まれすぎるのも踏み込みすぎるのも怖くてね。
でも楽しくありたい、思われていたい。
理不尽というか、わがままだね。
2008.12.19 17:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/187-590036d0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。