はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

【第二】風呂入って


なんだか照れるよな。
風呂って空間に二人でいると。


山の方に広場を見つけたのでバスケのリングを設置して、馬面と遊んでいた。

馬「お・・・お前渡辺じゃもう引退したんだろ?」
は「うん」
馬「衰えてないな」
は「いや、ここ名倉だし」
馬「まぁ」
は「渡辺でも変わらないけどね!」(シュート決まる)
馬「・・・聞いて損するウザさだな」
は「あ、いや、わるい」
馬「ふぅ・・」

雪さんが籠にお弁当やらお茶やらを入れて持ってきた。

雪さん「はーつさん、ウマさん、お昼にしませんか?」
は「おっしゃー!」
雪さん「あ、手はふきましょうね」

外でバスケやってたから結構汚れてたんだけど、
まっ白いハンカチで優しくふいてくれた。

は「なんか白いハンカチもったいないよ」
雪さん「また私が洗うからいいんですよ?」
は「うーん、雪さんが大変そう」
雪さん「雪は大丈夫です!」
馬「お二人さん、悪いんだけど俺は腹が減ったぜ」
雪さん「あ、今準備します」

ビニールシートをひいて座る。
まずはおにぎりからいただく。

雪さん「はーつさんの好きな鮭にしましたよ♪」
は「おー!よく分かったね!」
雪さん「専属ですから」(自慢げに)
馬「俺の好きな炙りたらこは・・・っと」
雪さん「炙ってはいませんがたらこは作りました」
馬「うおお!」

次におかずに移行。

は「ハンバーグ!」
馬「(にんじんの)煮物!」
雪さん「おいしいですか?」
は「おいしすぎて涙が止まりません」
馬「すげぇ」
雪さん「ふふ、ありがとうございます」
は「あ!たこやき!」
雪さん「2つしか入れてないんですけど・・」
は「じゃあ雪さんが一つ食べなよ」
馬「俺はもらうぞ」(一つ食べた)
雪さん「ほら、のこり一つになってしまいましたよ?」
は「いや、雪さん食べてよ」
雪さん「はーつさん?」
は「あーん」
雪さん「もう・・・」(口開ける)

食べ終わってもう一度バスケ。
今度は雪さんが見てるから気合入れる。

馬「お!?」
は「うほほー!」
馬「ゴリラかwwwwww」
は「うほーうほほー!」
馬「やれやれ」
雪さん「がんばってくださいねー」
は「うおおおお!」
馬「いてて・・・」

バスケも終わらせて家に帰る。
このあとはまったりと居間でころころしていたりテレビ見ていたり。
晩御飯も食べ終え、雪さんの入れたお茶飲んでいた。

は「ふぅ・・・」
雪さん「疲れたんじゃないですか?」
は「いや、うん、まぁ、多少ね」
馬「多少だな」
雪さん「だろうと思ってお風呂沸かしておきました、早いかもしれませんが先にどうぞ」
は「気がきくなぁ・・」
馬「さーて、俺が入ってくるわ」

馬面が先に入った。
ちょっとして上がってきた。

は「早いな」
馬「今日はざぶーんとひとっぷろだけだ」
は「うわぁ・・・」
馬「うるせぇ」

馬面は部屋に入って行った。

は「入ってくるね」
雪さん「はい」
は「ねぇ雪さん」
雪さん「なんですか?はーつさん」
は「背中流してくれないかな?」
雪さん「甘えんぼさんですねぇ、先に入って待っていて下さいね」
は「よっしゃー!」

風呂に入り、湯船に浸かって待っていた。

雪さん「お待たせしました」

タオルを巻いた雪さんが登場。
鼻血吹き出すかと思った。とりあえず絶景。

は「なんかごめん・・・」
雪さん「どうして謝ってるんですか、雪の仕事ですよ?」
は「いやぁ・・・」
雪さん「さ、背中流しますよ、湯船から出てきてくださいよ」

オレのマグナムが火を噴きそうになってたぜ
濁ったお湯でよかった。

は「あ・・・うん」
雪さん「あ・・・・」(たぶんオレのを見た)
は「・・・」

背中を流してもらう。
気持ちいい。

雪さん「頭も洗いましょうか」
は「自分で洗えるよー」
雪さん「雪がしっかり洗ってあげます!」
は「・・うん」

なんだか恥ずかしくてマグナムを隠すのに必死だった。

雪さん「痒いところはないですか?」
は「ないよ・・・」
雪さん「ながしますね」
は「うん」

このあと、すぐに湯船に戻る。

雪さん「雪も入っていいですか?」
は「え!?」
雪さん「あ、すみません・・」
は「いや、遠慮しないでいいよ!」
雪さん「それでは・・・おじゃましますね」

せまめな風呂なので雪さんが湯船につかるときにふとももを触れてしまって、
オレ一人でどぎまぎしてた。
雪さんは気付いていなかったのに。

は「気持ちいいよ」
雪さん「ありがとうございます」
は「沸かし方がうまい」
雪さん「ふふふ」

このあと雪さんの背中も流してあげた。
なんというか楽しいけど恥ずかしかった。

おしまい
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 5 comments  0 trackback

-5 Comments

名無し says...""
何か

殺意が芽生えて来た
2008.12.22 23:24 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
マグナムか…俺のはデリンジャーだぜ
2008.12.22 23:54 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
この状況で理性を保てるとは
2008.12.23 07:06 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
俺のショットガンも火を噴くぜwww
2008.12.23 19:13 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>殺意が芽生えて来た
なんという

>マグナムか…俺のはデリンジャーだぜ
相手に押しつけるようにして射撃することが多かったとされる。
――――Wikipediaより抜粋

>この状況で理性を保てるとは
なんていうか、がんばった

>俺のショットガンも火を噴くぜwww
威力がとんでもないなwww
2008.12.26 12:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/189-3726380c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。