はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

【第二】いれかえっこ

体入れ替え第一弾(だと思う)
今回は雪さんとオレの体を取りかえっこ!

いつも通り雪さんと二人、ベッドで寝ていた(と言ってもオレは寝転がっているだけ)
スースーと寝息をたて、可愛い顔で眠っている雪さん。
パワーでオレと雪さんの体を入れ替える。
さっさと朝にしてしまう。
寝たふりをしていると、オレの姿をした雪さんが起床し、少し寝ボケているのか、異変に気付かずに洗面台へと向かった。
すこしすると、オレの声で悲鳴が聞こえる。
変な気分だった。

雪さん「はーつさん!」(走って戻ってきた)
は「ん」
雪さん「あ・・雪が目の前に・・」
は「雪です」(マネ・・というかものまねを超えているのだが)
雪さん「・・・はーつさん」
は「なんでしょう」
雪さん「・・・やめません?」
は「え・・」
雪さん「だめですか・・?」
は「ハイ」

少し怒り気味な顔をしていたが、雪さんはオレの外見のまま家事をこなしていた。
オレはと言うと、雪さんの外見のまま炬燵に入ってテレビを見ていたもんだから馬面とのんに驚かれた。パジャマのままだったし。
――昼食も終え、午後からは暇を持て余していたのだが、雪さんの家事がひと段落ついたらしく、こちらに歩いてきたので声をかけてみる。

は「雪さーん」(なんとも変な気分)
雪さん「なんですか、はーつさん・・・って着替えてくださいよ・・・」
は「あ、ごめんごめん」(脱ごうとする)
雪さん「待って下さい!」
は「え?」
雪さん「あの・・・ちょっと部屋に来て下さい・・・」

雪さんの部屋に連れていかれる。

雪さん「・・・目を瞑ってください・・」
は「うん」
雪さん「バンザイってしてくださいね」
は「うん」
雪さん「よいしょ・・・」(オレのパジャマを脱がしている)
は「わわ」
雪さん「まだ開けないでくださいね!」
は「あ、うん」
雪さん「・・・」(感触的にブラをつけてる)
は「くすぐったい」
雪さん「・・・恥ずかしいですよ」

寝る時は外すらしく、つけていない胸を見られるのは恥ずかしかった模様。

は「ごめん」
雪さん「いえ・・・」
は「うーん」
雪さん「戻してもらえませんか・・・?」
は「・・・えー」
雪さん「雪、恥ずかしいです・・」
は「自分を見るのが?」(服の裾を軽くめくって)
雪さん「・・・」(小刻みにうなずいてる)

だんだん、恥ずかしがっている外見がオレの雪さんを見るのもアレだったので戻してしまう。

雪さん「・・・ありがとうございます」
は「そんなに嫌ならパワーで戻せばよかったじゃんー」
雪さん「いえ・・あの・・・」
は「どうしたの」
雪さん「すみません!雪・・・あの・・・」(涙目)
は「あ!いや!も、もういいよ!」
雪さん「はい・・」

その後、雪さんは買い出しに行った。
めっきり見かけないのんを探してみる。
結構探していたのだが、結局、体育座りで隅っこにたたずむのんを物置でみつけた。

は「のん、何してるの」
のん「はいっ!!!!」

とても驚いて立ち上がった。

のん「は、はーつさん!見てすみません!すみませんすみません!」
は「何が」
のん「え、だってさっき・・・してたじゃないですか・・・」
は「ん、何を」
のん「その・・自分のをいじって・・・」(語尾が小さくなっていく)
は「自分の?」
のん「お、おおお女の子に言わせないでくださいよ!!!!」
は「ああ、すまん」

のんがオレの股間を指さしていたので072的行為をさしているのだと察知したが、
あいにくオレは名倉で072にふけようなど考えていなかったので雪さんがオレの外見のまましていたらしいことが推測された。
ニヤニヤしながら軽く泣いた。
買い物袋を下げた雪さんが帰ってくる。
その後も何事もなかったかのようにふるまい続ける雪さんとオレ。
そして夜。
この夜も雪さんはオレのベッドに来てくれた。

は「ねぇ、雪さん」
雪さん「なんですか、はーつさん」
は「のんがひどいんだ、してもいないのにオレが自慰をしているのを見たって言うんだ」
雪さん「え・・・それは・・大変ですね」

いい具合にうろたえている雪さん。

は「雪さん・・・したんだよね」
雪さん「・・・・あの・・雪・・・」
は「怒ってないよ」(そっと頭をなでてみる)
雪さん「・・雪・・雪・・・」(うつむく)
は「ゆ、雪さん!」
雪さん「ゆ・・雪は・・・メイド失格です・・・パートナー失格です・・・!」
は「そんなことないって!」
雪さん「すみません・・・すみません・・!」

軽く泣いてしまっていたので、とりあえず抱きしめる。

は「ごめん、オレが悪かった」
雪さん「・・・」(ぐすぐすと鼻をすすっている)
は「調子に乗った。ごめん、雪さん」
雪さん「はーつさん・・・雪・・雪・・・・」

雪さんの胸を軽く触れる。本当に軽く。

は「これでおあいこ」
雪さん「・・・はーつさん」
は「ん?」
雪さん「すみません・・・」
は「うん」

微妙な空気が流れていった。
少しの間二人とも黙って天井を見ていたけど、雪さんが先に話しはじめた。

雪さん「雪はメイドですから・・・その・・」
は「ん?」
雪さん「はーつさんがしたくなった時は、その・・雪が・・・」
は「・・しないよ」
雪さん「雪では嫌ですか・・・?」
は「ちがうけどさ・・・」
雪さん「雪は・・はーつさんに・・・」
は「雪さん」
雪さん「あ・・すみません・・・あんなことしたのにずうずうしいですよね」
は「いや・・・じゃあキスしてほしいな」
雪さん「はい・・・ん・・」
は「ん・・」


少しさびしい気分になったのは秘密。
オレの自業自得だったかな。

おしまい
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 8 comments  0 trackback

-8 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
オナニ見られたってw
自業自得じゃね?ww
2009.03.31 18:40 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
うん、まあ・・・
どんまいだわ
2009.03.31 18:42 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
雪さんテラモエスwww
2009.04.01 00:18 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
え、なに?雪さんがはーつの体を使って072ってたこと?
2009.04.01 00:31 | URL | #- [edit]
グリ says...""
やだ・・・はーつが男前にみえるなんて・・・!!
2009.04.01 00:48 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
雪さん、まさかパワー使えないとか……!?
2009.04.02 02:51 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>オナニ見られたってw
すまん、オレ自身が見られたわけじゃないんだ

>どんまいだわ
だよな

>雪さんテラモエスwww
よお、同志www

>え、なに?雪さんがはーつの体を使って072ってたこと?
そういうことになります

>やだ・・・はーつが男前にみえるなんて・・・!!
うれしいこと言ってくれるじゃないの///

>雪さん、まさかパワー使えないとか……!?
細かいところでは使ってたりするんだよなぁ
2009.04.02 14:41 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
ラブコメ系定番の男女入れ替えを体験したとは。
自慰に罪悪感とか雪さん。。
ニャルラトホテプのニャル子にも爪の垢を煎じて飲んでほしいところだ。
2015.12.21 10:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/216-1a003472
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。