はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

【第一】イカスミ

イカスミって渡辺では食べたことないんで実際の味はわからんのだが。
なんていうか、うん、面白いな。

冷蔵庫を開けると「イカスミ」と渋く書いてあるパックが4つほどあった。
まさかとは思いつつ、放っておくと、その日の夕飯にイカスミスパゲッティなるものが登場。

は「・・イカスミ?」
ファ「初めて作ったから味に自信はないけどね」
は「まじか」
馬「お前ら子供だな、大人ならイカスミは嗜みってもんだろ」
は「そうなのか?」
馬「味もわからねぇおこちゃm・・んぐふ!」(ふき出した)
は「きったねぇ」
馬「・・・味付け間違ってんだろ」
ファ「あれ・・?そうかな?」

実際一口食べてみるとなんだか間違って墨汁をなめたような・・・
あまり味がしなかったような・・・なんとも微妙な出来だった。
ファっさんが落ち込むのでたこ焼き味に変換していただいた。
たこ焼き味スパゲッティウマウマ^q^

次の日、朝食後に冷蔵庫に麦茶を取りに行ったらまたもイカスミのパックが。
前日よりも多かった。いつ買ってきたんだ。

は「ファっさーん」(部屋にこもってるファっさんに声をかける)
ファ「入っていいよ」
は「どうしたの」(入る)
ファ「研究中なの」
は「なにを」
ファ「おいしいイカスミ料理」
は「おいしかったよ」
ファ「・・・味変えてたでしょ」
は「変えてないよ」
ファ「・・・いいよ、もっとおいしいの作るから」
は「・・ごめん」

部屋を出る。
ユフィがキッチンの方でこそこそしている。
声をファっさんにかえて話しかけてみる。

は「ユフィ?なにしてるのかな?」
ユフィ「違うよ!はーつが言ったんだよ!嘘じゃないよ!」
は「おもいっきり嘘じゃねぇかぁ!」(叩く)
ユフィ「いったー!何すんのさ!」

事情をきくと、イカスミの食感が面白かったので遊べないかと模索していたらしい。
食べ物で遊ぶなんてけしからん。もっとやれ。

は「なんか案はでたの?」
ユフィ「んー・・・こうするとか」

イカスミを口に含んでうがいのようにぐちゅぐちゅとする。
飲み込んで口を開ける。

ユフィ「ほらー・・・おはぐろ」
は「全部黒いぞ」
ユフィ「ALLおはぐろ」
は「ははは」
ユフィ「はずかしいなあ」
は「自分でしたじゃん」
ユフィ「はーつもしなさい」

口どころか顔にイカスミをぶっかけられた。

ユフィ「ガングロ」
は「いつの時代だよ」

顔を洗ってからいい案が浮かぶ。
シャワーから出る水をすべてイカスミにしてしまおう!というものだった。
パックを冷蔵庫に戻し、風呂場に行ってイカスミがちゃんと出るか確認。
イカスミというより、認識的には墨汁。

―――夕飯時。
夕飯にはイカスミライス、イカス味噌汁、イカスミの和えもの、豚肉イカスミ炒め、イカスミジュースなどの料理が出てきた。おいしかった。
味的には元の料理と大差ないのだが、見た目が黒いというのと、舌ざわりがさらさらとしていた。
ただ、何度も言うが渡辺ではイカスミを食べたことがない。


夕食後、みんなが風呂に入り始める。
なお、外に知られては困るので風呂は防音設備完備にしました^q^

しかけたマイクとカメラにより、中の様子は丸みえ。
ユフィとともに観戦。
しかし流石に馬面とヴァンの時はユフィはみたがらなかった。
馬面とヴァンはイカスミをかぶり、とてつもなく憤慨していた。

どくろが入浴。
湯船(湯船は普通)に気持ちよさそうにつかったあと、
やはり胸の大きさを気にしながらシャワーを手に取る。
イカスミシャワーをかぶる。

どくろ「きゃっ!」
どくろ「・・・黒い?」
どくろ「・・・きたない」

横でユフィが絶えず大笑いしている。
コアラ入浴。
ユフィに裏を見られるのもアレなのでユフィの視覚と聴覚を奪う。

ユフィ「何!?なに!?」(怖がってる)

そうこうしているうちにコアラがシャワーをかぶった。

コアラ「・・・誰よ、喧嘩売ってるのかしら」
コアラ「はーつ?まぁはーつならしょうがないわね」
は「なんでばれてるんだよ」
ユフィ「こわい!アタシ!こわい!」

ユフィを元に戻す。
ユフィが半泣きでオレを殴ってきた。
グーで殴ることないだろう。

ファっさんが入浴。
ファっさんは一発目がシャワーだった。

ファ「・・・・はーつ!!!!!」

すぐにばれた。
ユフィも共犯なのに。
ちなみにイカスミは風呂から出ると消えるようにしていたので上がってきたやつを見ても次の人はわからなかった。
しかも上がってきた人はみんな怒っているので他の人に話す余裕がない。
ユフィの部屋でモニターすることで見つかることはないと思っていた。
完璧なはずだった。

しかし見つかって、みんなにフルボッコ。
ユフィは手裏剣コレクションのいくつかを捨てられてた。
よってたかって怒ることないじゃない・・・

おしまい
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
>ユフィの視覚と聴覚を奪う。

結構えげつない事したなぁ
2009.04.07 14:53 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
視覚と聴覚の取り上げでMOTHER2のムの修行を思い出したぜ
かなりキツいよ、意識あるのに見えない聞こえないって。パワーで眠らせた方が良かった。絶対。今回はユフィが可哀想すぎる。

なんてマジレスはほどほどにして、
イカスミを渡辺で食べる機会があったら名倉と違ったかレポートよろ!
結構気になる題材だなw
ちなみに北海道にはイカスミソフトクリームがあったりする。昔旅行に行って知りました。
2009.04.08 17:56 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
視覚と聴覚wwwエスパーみたいな感じだなww
2009.04.09 07:43 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>結構えげつない事したなぁ
にわかにはそれしか思いつかなかったんだよう

>なんてマジレスはほどほどにして、
イカスミを渡辺で食べる機会があったら名倉と違ったかレポートよろ!
おk
ちょっと自分の聴覚と視覚奪って吊ってくる
食べたらレポートするぜ

>視覚と聴覚wwwエスパーみたいな感じだなww
mjk
今、なんとなくエスパーマミ思い出したwwwwww
2009.04.09 16:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/218-497601ce
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。