はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

【第一】焼き芋忍者

更新怠け気味のはーつです、どうも

今回は焼き芋食べたいなってのがあったので焼き芋の話です。
ちなみに焼き芋食べたら屁が・・・って話聞きますよね。
オレあまりその経験ないんですけど、変なんだろうか。


ファっさんの肩を揉んでいた。
最近少し疲れたらしくこっていた。

は「お疲れ様だな、ほんと」
ファ「ううん、大丈夫だよ、ありがとうね」
は「いやいや」

ユフィがベランダから登場した。

ユフィ「おじゃましまーす」
ファ「どうぞ」
は「玄関から入ってこい」
ユフィ「家に入るという行為に違いはないよ」
は「しってるわ」
ユフィ「そんなことよりさ、ほら」

背負っていた大きな風呂敷を開けるユフィ。
中にはたくさんのさつまいも。
ウータイからのおすそ分けらしい。

ユフィ「ティファ、これでお菓子でも作って!」
ファ「何か作ってみようか」
は「いやまて」
ユフィ「なにさ」
は「焼き芋にしよう」
ユフィ「おっ!おおおおおお!焼き芋しよう焼き芋!」
ファ「じゃあ用意しようか」
は「おしゃー!」
ユフィ「焼き芋焼き芋ー!」

いつもの面子を庭に集合させる。
・・・つもりでいたのだが、どくろとコアラはデパートへ。
ヴァンはパンネロとデートに行ってしまっていた。
ということで馬面、ユフィ、ファっさんと一緒にすることになった。

は「薪は男で持ってくるから落ち葉頼んだ」
ファ「了解、あ、もう少しでどくろとコアラが帰ってくるみたいよ」
は「あらま」
ユフィ「アタシも薪・・・」
馬「じゃあ俺が落ち葉やるわ」
ファ「じゃあ各自はじめ!」

森の方へ。
最近は薪とか帰るんじゃなかったっけかと思いつつも落ちている枝なんかをひろう。

ユフィ「とうっ」
は「いてぇな」

木の枝で突っついてきた。

は「おら」(つつきかえす)
ユフィ「どこにあててんの」
は「胸」
ユフィ「うわ・・」
は「ほれほれ」
ユフィ「今日はパーカーだから何ともありませーん!」(胸を張る)
は「スキあり!」(頭をはたく)
ユフィ「いったぁ!バカじゃないの!?」
は「さっさと拾え・・」

これで薪には困らないだろうというくらい拾っておいた。
縄で束ねて運ぶ。
ユフィがこけた。

ユフィ「つつつ・・・」
は「馬鹿だな」
ユフィ「馬鹿って言葉は馬鹿に言われるのが一番ムカつくよね」
は「それユフィの事な」
ユフィ「なんで!・・いてて」(膝すりむいてた)
は「あーあ・・」
ユフィ「まぁこれくらい!」
は「束もってやるからよこせやい」
ユフィ「いいって」
は「よこせやい」
ユフィ「・・・うん」
は「ほれ」

手を出した。
一本だけ渡された。

ユフィ「はーつにはそれくらいがお似合いだよばぁーーーーーか!」
は「・・・」

走り去って行ったユフィ。
くやしいのうくやしいのう。
庭に戻ると、ユフィが薪を並べはじめていた。
隙間に落ち葉も入れてる。うん、NHKの通りだ。
すかさずオレも並べはじめる。

ファ「とりあえず、お芋はアルミホイルで巻いておいたよ」
どくろ「わたしも巻きました」
は「サンキューな、あれ、馬面は」
ファ「ウマなら疲れたって言ってどこかに・・・」
は「あいつ・・」
ユフィ「よしゃ、並べ終わったよ」
は「俺の分もやってくれたな」
ユフィ「アタシの分だけだよ」
は「ユフィのところにオレが持ってきた束も置いておいた」
ユフィ「・・・何か多いと思った」

火をつけ、焼き始める。
焼きあがるまではすこぶる暇な気がした。
でもなんかこう、焼きあがるまでのわくわく感は否めない。
しかしやはり暇だった。
ファっさんとどくろは家に入って本読みはじめてるし、こあらは姿が見えない。
木の枝と落ち葉の山を見つめてるのはユフィくらいか・・・

ユフィの後ろにまわってパーカーのフードをかぶせてやった。

ユフィ「きゃ・・アタシの邪魔しないでよ」
は「いつからそんな反抗的に・・・」
ユフィ「今」
は「脱がすぞ!」
ユフィ「そんなにユフィちゃんのないすばでーを見たいの?」
は「いや」
ユフィ「少しだけだよ・・・」

ズボンの裾を軽く捲くった。

ユフィ「ほーら綺麗な脚だよー」
は「いつから変態に・・・」
ユフィ「へ、変態じゃないって!」
は「昔はもっとみんなピュアだった」
ユフィ「・・・はーつは含まれないけど」
は「へいへい」

そろそろいい香りがしてきた。
みんなを呼ぶ・・・前に匂いで集まってきた。

こあら「焼き芋でひゅー!」
馬「食べるぞー」
どくろ「・・・おなか減らしておきました」
こあら「一番乗りでひゅー」

トングを使って一番最初にこあらが芋を取り出す。
みんなも順番に取りだす。

ユフィ「・・・」(見つめてくる)
は「んだよ」
ユフィ「はーつの方が大きい」
は「そんなことないだろ・・」(食べる、熱い)
ユフィ「あ・・」
ファ「ほら、私のあげるから」
ユフィ「いや!はーつのやつの方が大きいと思う!たぶん!」
ファ「ふふ、あらあら」
は「もうオレ口付けてるだろーよ」
ユフィ「もんどうむよーう!」

持っていかれた。
オレの手には大してサイズの変わらない芋が渡される。

ユフィ「うん、やっぱり大きいね!」

食べかけのところ食いついてた。
確実にあついはず。

ユフィ「あひゅ!はふはうあふ!」
は「言わんこっちゃない」
ファ「何も言言ってないでしょ」
ユフィ「舌やけどしたー!えへへー」

舌を出して満面の笑み。
心なしか頬を染めていた。
か、可愛いじゃない///

そして、一番最初に芋を取り出したこあらさん。

こあら「・・生焼けじゃないのよ」

と呟いていたのは秘密。
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 6 comments  0 trackback

-6 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
羨ましいのう羨ましいのう。
俺もこんなほのぼの名倉に行けるようになりたいっす。
まだまだ超短期間しかいけないからな…
2009.10.14 16:40 | URL | #- [edit]
青二才 says..."Re: 【第一】焼き芋忍者"
はじめまして
ブログ面白いです、ファンになりました。
1から見てます^^

自分も離脱知ってから3日目、
まだまだこれからですが、
ファミリー作って楽しみたいです。
2009.10.14 19:05 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
ユフィ何てどうでもいいんだよ、クラウドだせクラウドを
進展あったのか?流石に…したんだろ?
2009.10.15 02:12 | URL | #- [edit]
グリ says...""
サツマイモって英語でスイートポテトだよね?(ちょっと自信ない
じゃあお菓子のほうのスイートポテトって海の向こうではなんて呼ばれてるんだろうね?
2009.10.15 02:44 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says..."Re: 【第一】焼き芋忍者"
更新だぜ~
催促したかいがあった。
人間味のあるキャラとかすごいな。相変わらず。とりあえず俺も最初から読みなおしてる。ブログははーつ、待合室はアリエッタ。今の2トップなんだぜ。俺の中だけど。
2009.10.15 09:50 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>まだまだ超短期間しかいけないからな…
そのうちできるよたぶん

>はじめまして
ありがたいけど最初の方とか厨丸出しで恥ずかしい

>進展あったのか?流石に…したんだろ?
あるあ・・・ねーよww

>なんて呼ばれてるんだろうね?
なんか良く分からないけど外国の人の「sweet potato」てのは、
日本人の考える「薩摩芋」とは違うみたいだよ
差し詰め、薩摩芋は「Satuma potato」なんじゃなかろうか
菓子名はしらん

>更新だぜ~
更新だぜー
まぁなんやかんや読んでくれるのは嬉しいですね
2009.10.16 13:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/237-ce5ba6eb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。