はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

【第一】サンタクロース氏

早いもんでもう12月の25日ですか。
今日も寝てゲームしてパソコンして勉強するぐらいですよ。
彼女?ははっわろす。
怒るぞこらー

サンタクロース氏がやってきました。
楽しかったです。

朝ごはんを食べていた。
ユフィがパンをのどに詰まらせたのに爆笑していたら、
ファっさんも詰まらせたから背中さすったらユフィに蹴られた。

は「なにすんだ痛いな!」
ユフィ「対応違うじゃん!」
は「うん」
ユフィ「うんじゃない」
は「えへへ」
ユフィ「褒めてない!」
ファ「こらこら二人とも」
ユフィ「はーつ悪い子だからサンタさん来ないよ!」
は「もうとっくに来てねぇよ」
ユフィ「ぷふっ」
は「何故笑う」

ユフィはテレビでやっていた本物のサンタ的なやつを
本気でトナカイが引くそりに乗って飛んでくるもんだと勘違いしていた。
・・・が、面白いのでそのまま話を進める。

ユフィ「いやぁ、アタシも信じてなかったけどね?やっぱりいるんだよねぇ・・・」
は「そのサンタさんが今夜ユフィにプレゼントを配りにくるの?」
ユフィ「もち」
は「馬面、仕事だな」
馬「ユフィ、何がいいよ」
ユフィ「ちがーう!本物のサンタさん!」
馬「せっかく買ってやろうってのに」
ユフィ「ウマからはWiiね」
馬「プレゼントはいるのかよ」

朝食を食べ終え、片づけをしているとインターホンが鳴った。
ファっさんが出る。
男の声が聞こえる。
すぐさま玄関へ走った。

?「初めまして」
ファ「は、はぁ」
?「こういうものです」

出してきた名刺を奪い取る。
ファっさんに足踏まれた。
名刺にはこう書いてあった。
「サンタクロース 日本サンタ株式会社代表取締役」

は「サンタって社長もやってるんすか」
サンタ「ええ、しかしサンタなんて名前ばかりで疲れます、いや失敬」
ファ「・・・胡散臭さが」
サンタ「皆様には馴染みないでしょうからね・・・」

赤いサンタ帽子に白ひげ、しかしスーツを着た小太りの男なのだから馴染みなんてない。

は「ユフィー!きてみろよー!」
ユフィ「めんどいー!」
サンタ「申し訳ありません、サンタを望んでいる者には会ってはいけないのです」
は「あ、そうですか」
ファ「すみません」
サンタ「話は変わるのですが」
ファ「はい」
サンタ「今日はサンタを望む子が何を欲しがっているのかききにきました」
は「wiiほしがってました」(適当にさっき馬面にたのんでたものを)
サンタ「了解。では、また」

でていった。
家の前に赤鼻茶色スーツの男二人がリムジンを背にたっていた。
オレとファっさんに一瞥するとサンタを乗せて走って行った。

そして夜。
ユフィの部屋に入る。
丁度ユフィは風呂のようだ。鍵が開いているんだものしょうがない。
・・・すぐに真っ裸のユフィが上がってきた。

ユフィ「ふふふーん」
は「不用心な」
ユフィ「ぎゃー!!!!!!」
は「こらまて」
ユフィ「何してんの!?!?」(タオルで懸命に隠しながら)
は「まぁ服着てこい」
ユフィ「服そこ」

オレの横にあった。
ふふふ。

は「取りに来なさい」
ユフィ「投げてよ!」
は「いやだ」
ユフィ「・・・」

とりにきた。
うほ。
横乳ありがとうございました。

は「恥ずかしがることないのに・・・」
ユフィ「うるさいなー」
は「いいこと教えてやる」
ユフィ「なにさ」
は「今日サンタ来るぞ」
ユフィ「知ってる」
は「寝たふりしてろよ」
ユフィ「うん・・あ」
は「ん?」
ユフィ「一緒にいて」
は「オレはファっさんと・・・」
ユフィ「一緒にいて」
は「了解」

ファっさんに連絡してユフィのところにとどまる。
夜中、一枚の布団を敷く。

ユフィ「ほい」
は「サンキュー」
ユフィ「アタシも入るんだけど」
は「えっ」
ユフィ「えじゃない」

二人で入る。
密着状態。
なんで手握るねん。

ユフィ「緊張してきた!」
は「いい人だよサンタ」
ユフィ「知ってるような口を・・」

閉め忘れたドアが開いた・・・
サンタさん、入ってくるとこ考えてくれ・・・

馬「さてと・・・」
は「なんでやねん」
馬「うおわっ!」
ユフィ「ウマ・・・」
馬「サンタだぞ」
は「いいとこトナカイだろ・・・」
馬「くそ・・・ほらよ、wiiだ」
ユフィ「おおお!」
は「やべっ・・・」
ユフィ「うm・・・サンタさんありがとう!」
は「なんという」

その時、窓からスーっと人がすり抜けてきた。
サンタだった。

サンタ「メリークリスマスですね」
ユフィ「えっ」
サンタ「おき・・・てる・・・?」
馬「えっ」
サンタ「おや?同業の方ですか?」
馬「え、あ、そうですが」
サンタ「おやおや・・しかも持ってきたプレゼントも同じ・・・」
は「いやそれはあの」
サンタ「同じ家に同じものを、しかも二人のサンタが子供の起きている間に・・・」
ユフィ「す、すご・・」
サンタ「これは失態だ・・・」
は「すみません」
サンタ「まずい・・・」
は「いやだから」
サンタ「うわああああああああああああああ!」

いきなり騒いでぱっと消えた。

ユフィ「ほら!」
は「なんだ」
ユフィ「サンタさんいた!」
は「いたな」
ユフィ「ひゃっほーーーーう!」
は「よしよし」
ユフィ「はーつ悪い子だから何もないけど、アタシのwiiで一緒にあそぼ!」
は「うんうん」
ユフィ「だから今は寝る・・・」
馬「・・・とりあえずかえるわ」

一度オレを抱き枕にしたあとはずっと手を握りながら寝てた。
うん、ユフィにサンタが来るのはね、子供だからだよ。
内面的にね。もちろん良い意味で。

サンタさんのその後はわからない。

おしまい。
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 6 comments  0 trackback

-6 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
俺のところにもサンタ来ないかなあ?
プレゼントは一円もしないがすっごく欲しい、「長期離脱でき~る」という薬を…もらえたらいいなあ…

不覚にもユフィが可愛く思えた、俺はティファ派なのに…
2009.12.26 00:18 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
こういうイベントがある日の記事だと
第一名倉の記事の時は第二が
第二名倉の時は第一が気になるな

どうにかして行き来できんものかな?
2009.12.26 01:46 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says..."Re: 【第一】サンタクロース氏"
“妹”を大切になっ。
2009.12.26 09:45 | URL | #- [edit]
ヨースケ says..."Re: 【第一】サンタクロース氏"
僕のとこにはチロルチョコをもったサンタが来ましたよ

時々このブログ読んでます

よければ僕のとこも見てください
2009.12.27 20:35 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
微妙にサンタの末路が怖いなこのリアクション
2009.12.31 21:55 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>不覚にもユフィが可愛く思えた、俺はティファ派なのに…
派閥なんて関係ない!境目作る暇があったらどちらも愛そうぜ!

>どうにかして行き来できんものかな?
もともと目をつぶってはいできたの世界だからできる、と思う。

>“妹”を大切になっ。
姉がほしい。
年上最高。

>時々このブログ読んでます
さんくす
ギター好きはいいことだと思います。

>微妙にサンタの末路が怖いなこのリアクション
きっと夢の王国にハハッ!
おっと誰か来たようだ・・・
2010.01.04 16:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/243-dd37d6c4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。