はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

【第一】自由なサファリパーク

どうも、はーつです

なんだか離脱できてきましたね
よかよか

今回はサファリパーク行きました

コアラが久しぶりに動物園に行きたいと言い出したのだが、
ユフィがもう飽きたというのでサファリパークにした。
サファリパークにつくと、専用のバスに乗ってパーク内を進むのだが
なぜかキリンが1頭見えたところで下された。

運転手「じゃ、頑張ってね」
は「え」
運転手「うちは自由が売りだから」
ファ「危険じゃないんですか?」
運転手「…それじゃあね!」

行ってしまった。

シマウマが何頭かやってきた。
いつの間にやら馬面がシマウマの上に乗っている。

は「なあ馬面」
馬「それはシマウマだ」
は「あ、すまん」
馬「わざとだろ、なあ」
は「そんなわけないだろー」

みんなでシマウマにのせてもらってパーク内を移動
と、その時であった

ヴァン「おわっ!!」

ヴァンがシマウマごと転倒した

ヴァンの乗ったシマウマ足にライオンがかぶりついていた
鬣はなかったしメスだと思う
後からもう1頭きてヴァンを襲おうとしてる
逃げられないくらい至近距離だ、じりじりと見つめあっている

ヴァン「やばい、やばいって!」
は「コアラ!説得しろ!」
コアラ「こ、怖いでひゅ」
ファ「はーつ!コアラが怖がってるでしょ!?」
は「ちょwコアラこっち来い」
コアラ「・・・」(がくがくしながら)
は「おい」ひそひそ
コアラ「なによ」ひそひそ
は「ヴァンが食われてもいいのか」
コアラ「私も危険になるのは嫌よ」
は「えええ」
コアラ「・・・説得はしてもいいけど助かるかどうかは別ね」
は「さんきゅ」

ライオンに近づいていくコアラとオレ

コアラ「やめなさいよ」
ライオン「・・・」(無視)
ヴァン「助けて!」
コアラ「やめてって言ってるじゃない」
ライオン「・・・」(無視)
ヴァン「ひいい」
コアラ「無視してんじゃないわよ?ああ?いい度胸ね」

ライオンの首のところをつかみ上げてるコアラ
見事にライオンが驚いてる、むしろおびえてる

ライオン「が!がう!」
コアラ「うっさいわね、帰れっつってんでしょ?飾り物なのこの耳は!!!」

引きちぎらんばかりに耳も引っ張る

ファ「コアラ危ない!!」
ユフィ「アタシに任せて!」

ユフィがクナイを投げる
ライオンにヒット
ライオンは逃げ出した

コアラ「ユフィ・・・邪魔して・・・」
は「落ち着け」
ヴァン「コアラが捕まってるように見えたんだろうな」
は「明らかにコアラから突入だけどな」
は・ヴァ「ははははは」
コアラ「つぶす」
は・ヴァ「ごめんなさい」

股間を強打されてうずくまっていたオレとヴァンを助けてくれたのは馬面だった
男じゃないとわからない痛みだもんな

―――――

めげずに遊び倒すオレたち。
木の上の蛇をつついて遊んでた。

は「蛇をつついて3000里」
ファ「なんか違うよ・・・」
は「母をつついて3000里」
馬「卑猥だな」
は「えっ」
馬「だまれ」

つついていたはずの蛇がいない

ユフィ「ふふふ」
は「あー!」

ユフィが捕獲していた。

ユフィ「横取りだよ」
は「そうだね」
ユフィ「悔しくないの?」
は「だってそれ猛毒・・・」
ユフィ「きゃー!」

蛇に絡まれるユフィ
腕に絡んでいてひどく痛そう
うっ血してる気がする

ユフィ「お、折れるっ!」

蛇のしっぽがユフィの胸に触れた途端
蛇はユフィの胸へ向かった

ユフィ「い、いやあ!」
は「この蛇、できるッ!!」
馬「さすがだな」
ファ「感心してないで助けないと!」
は「ファっさんユフィの近くに行って」
ファ「こう・・・?」

触れてもいないのに蛇がぴくっと反応した
そう、この蛇、乳が好きなのである

は「乳をつついて3000里」
馬「この蛇も頑張ってんだな」
は「だな」

蛇がファっさんに絡むためにユフィから降りた
降りた瞬間をねらってユフィが踏みつける

ユフィ「このっ!このっ!」

蛇は気絶したようだった。
一件落着!

ファ「私を囮にしたんだ・・・」
は「あ、いや」
ファ「へえ、はーつそんなことするようになっちゃったんだ」
は「え、だって、ほら!」
ファ「大丈夫、気にしてないよ、最善策だもんね」
は「ほっ」


そろそろ帰るかということになり、バスを呼ぶ。
バスに乗り込むみんな。

ファ「あ、はーつ、落し物」
は「え?」
ファ「ほら、後ろ」
は「どこだよ」振り向く
コアラ「馬鹿ね」
は「え?」

コアラの声が聞こえたと思ったらバスが走り出した。
笑顔のファっさんが手を振っている。

はは、わろす
置いて行かれた

この後パワーで家まで戻ったらだれもいなかった
外食しますという書置きがあったので一人寂しくパンを食べた
どくろから電話も来て泣きそうになった。

おしまい
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 5 comments  0 trackback

-5 Comments

心は紳士な名無しさん says...""
俺もコアラさんに「馬鹿ね」って言われたいです
でもユフィだけには馬鹿にされたくないです
あと股間を強打は勘弁です
乳は大きくても小さくても大好きです
2010.03.21 00:36 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
そりゃたまにはファっさんだって怒っちゃうよ?
2010.03.22 01:24 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says...""
はぁつさんv-10v-10v-10v-10v-10v-10v-10v-10v-10v-10
2010.03.22 23:19 | URL | #- [edit]
心は紳士な名無しさん says..."Re: 【第一】自由なサファリパーク"
ヘビエロ杉

むしろはーつがえろ杉
2010.03.24 08:12 | URL | #- [edit]
はーつ says...""
>乳は大きくても小さくても大好きです
同じく
あと、形は大切です

>そりゃたまにはファっさんだって怒っちゃうよ?
かわいいから許しちゃいます><

>はぁつさん
はーい

>むしろはーつがえろ杉
変態という名の紳士だよ
2010.03.26 15:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/253-e4d9ba3e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。