はーつのまったり名倉旅行記 | ただいま!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 

女の子はーつ。その1

はーつです!
今回は色々ありましたよ・・・
まず女の子になるって時点で名倉暴走ですな

長くなるので何回かに分けます。

離脱

今日はちょっと散歩でもしようかと思いファっさんを誘いに
1階へ直行。
リビングにはいなかったのでファっさんの部屋へ。

は「ファっさーん」
ファ「ん?どしたー?」
は「散歩いこー?」
ファ「うん♪用意するから玄関で待ってて!」
は「うぃー」

玄関で待つこと10分、やっとファっさんが来る。
冬の玄関は寒い。寒すぎる。

ファ「いいよー」
は「いくかー」

中学校の前を歩いたり近くにある森の近くを歩いたりと楽しんでいた。
途中、オレはNPガムを食べながら歩いていた。
そして大きな交差点に差し掛かったところだった。

ファ「ちょっと!赤だよ!危ない!!」
は「え?だいじょ―――――


キキー!!ドンッ!!

オレ、車にはねられる。
何メートルか飛んでいった。向こうにファっさんが見える。
世界がまっさかさまだった・・・

ズザァー・・(オレ、道路ですってる音)

血が広がっていた。
これ、名倉暴走じゃないのか・・?結構痛いぞ・・
このまま帰還なんていやだ・・・

ファ「はーつ!?はーつ!起きてよ!」
は「・・・結構痛ぇ・・まさか事故にあうとはな・・・

救急車の音が聞こえてオレの意識は遠のいていった・・・
そして、渡辺に帰還したのかな?と思いながら目が覚める。
外が暗いからたぶん夜。

看護士「・・・!起きました!キノ先生!」(発音はキ↓ノ↑)
キノ先生(医者)「おぉ・・」
は「キノって・・・誰だよ・・・
キノ先生「動いちゃダメだ!」
は「ん・・?(自分の手を見る)何か女っぽくなってない?」
は「ん?ん?(顔を触る)小顔になってない・・?」
は「よくよく聞いてみりゃ声も女っぽい・・」
キノ先生「聞け・・まぁいい。君は女なんだ」
は「いや。男ですけど・・・あらま(自分の体を見て)」
キノ先生「今君が確認したとおり胸もある。色々あってな」
は「名倉暴走・・・
キノ先生「君はあと何日かこの病院にいるんだ」
は「い・・いやだー!!!」

オレは病院の服のまま病院を飛び出す。
途中キノ先生に止められたがオレの敵じゃないZE!
キノ先生よりも夜の病院飛び出すほうが怖かったZE!

女の姿のまま家に帰る。
というより戻りたくても元の姿に戻れない。
で家に入った瞬間皆に驚かれる。

は「ただいもー」
ヴァン「だ・・・誰だおめぇ!」

このときのヴァンの驚き方は尋常じゃなかった。

ファ「あ、はーつ!」
馬「はーつ・・?」
は「うん。はーつ」
馬「でもどう見てもお前は女・・・」
ファ「事故のせいで、名倉暴走したんだね・・」
は「みたいだわ。よくわからないけど」
馬「可愛いけど・・中身はーつだからアレだな」
ヴァン「名倉を暴走させるとかバカじゃねぇのかー?」
は「お前ら・・・」

そしてこのまま1日目が終わる。
女の姿のまま就寝。

――――――
その2へ続く!
スポンサーサイト
Category : 離脱日記
Posted by はーつ ◆TIFADIrom. on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://heartsnoridatu.blog120.fc2.com/tb.php/55-e43cf6e2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。